女性ドクター

腰椎椎間板ヘルニアの治療方法|負担を減らすことが肝心

ヘルニアの解決法

病院

MRI画像を撮りましょう

ヘルニアや腰椎椎間板症、腰椎椎間板ヘルニアといった重度の腰痛に苦労された人にはわかると思いますが、治療やリハビリが大変です。手術を行う治療法と手術をせず温熱やリハビリ、マッサージや鍼などの治療など、腰椎椎間板ヘルニアの症状によって治療法は多様にあります。腰椎椎間板ヘルニアはMRI画像を撮ってみないと診断できない症状のため、脊柱管が細くなっている場合、腰椎椎間板ヘルニアを患っている可能性が高いです。そのため、脊柱管の細さによっては手術をせざるを得ないこともありますので、腰が痛くてどうしようもないという方は、一度病院に診てもらってMRIで画像診断を行うことをオススメします。次に多様な治療法を紹介します。

近年注目のレーザー療法

前途に記述している通り、腰椎椎間板ヘルニアの治療法は多くあります。その中でも、注目されているのが、レーザーによる治療です。レーザーによる腰椎椎間板ヘルニアの治療法を「経皮的レーザー椎間板減圧術」といい、「PLDD」とも呼ばれています。腰椎間に押し出されている椎間板の圧迫を軽減させるために、鍼を刺し、レーザーを照射する治療法です。レーザー照射したポイントには椎間板の中に空洞ができ、この空洞が椎間板の圧迫を収縮させることから、椎間板の圧迫を軽減させ痛みを和らげる効果があります。針を刺す患部は麻酔を打ちますので、手術に比べると大幅に負担は少ないため、PLDDが今後治療法として普及されることと注目されています。