女性ドクター

腰椎椎間板ヘルニアの治療方法|負担を減らすことが肝心

腰痛の主原因となる病気

レディー

腰への負担が発生原因

脊椎すなわち背骨は人間の身体を支えるのに最も重要な役割を果たしている器官であり、骨格の中心をなしています。脊椎は首から腰にかけて縦につながっており、上から頸椎・胸椎・腰椎という3つの部分に分類されています。そして一番下の部分が尾てい骨で終わっています。脊椎はその構造上、運動したり作業をしたりする度に負荷がかかります。中でも腰椎は肉体労働をする際などに「踏ん張る」ことで強い力を受けやすく、故障も起こりがちです。腰椎の故障として最も有名なのが、腰椎椎間板ヘルニアです。腰椎椎間板ヘルニアは坐骨神経痛の主要原因として知られており、いわゆる「腰痛持ち」として整形外科等で治療を受けている人の数が非常に多い病気です。

治すには安静が第一

椎間板とは脊椎の構成部分として上から縦に並んでいる椎体という骨の間にあって、クッションのような役割を果たしています。この椎間板が力仕事の際に踏ん張った際などに強く圧迫されると中身が飛び出してしまい、近くを走る神経を刺激することがあります。これが腰椎椎間板ヘルニアです。突発的なだけでなく、長年の負荷が徐々に蓄積されて発症することもあります。腰椎椎間板ヘルニアは安静にしていればその大半が自然治癒すると言われています。したがって治療は保存療法が主体となります。疼痛を抑えるために薬物治療が行われることもあります。重症の場合は外科手術が必要になる場合もあります。最近では低侵襲のレーザー治療も行われており、入院期間を大幅に短縮できるようになっています。