女性ドクター

腰椎椎間板ヘルニアの治療方法|負担を減らすことが肝心

ヘルニアとの付き合い方

腰を押さえる男性

腰椎椎間板ヘルニアは10代から40代までの腰痛を占め、一般的にもよく知られている腰痛です。悪化すると激しい痛みを伴うため日常生活を送るのが困難になりますが、治療次第では元通りの生活に戻る事ができます。しかし腰椎椎間板ヘルニアと付き合うにはいくつかの注意点があるため、気を付けて生活する必要があります。腰椎椎間板ヘルニアと上手く付き合うには生活習慣を見直すと良く、腰痛に優しい生活を送ると良いです。ソールが高い靴やかかとや甲の部分が固定されていない靴、クッション性が低い靴は避けた方が良いです。ウォーキングをする時は、背中を反したりつま先から歩くと腰に負担をかけてしまうため気を付けます。同じ姿勢を続けると椎間板に負担がかかるため、数秒でも良いのでストレッチを行うと有効です。

腰椎椎間板ヘルニアは椎間板に異常が起こって痛みを発症しますが、治療方法も複数あるため安心できます。治療方法は外科的手術とブロック注射、服薬治療がありますが、都合やニーズに合わせて選べます。激しい運動や突然の衝撃、重い荷物の上げ下げや介護生活等、腰椎椎間板ヘルニアになる可能性は日常生活に潜んでいます。気を付けていても発症してしまうため、腰に負担がかかる動きをすると分かっている場合は腰ベルトを使用すると良いです。痛みの特徴は突き刺すような痛みであり、足の痛みやしびれを伴う事もあります。傷つき圧迫されて膨らんだ椎間板ですが、骨の間から飛び出す事で痛みを発症します。悪化すると起きていても寝ていても辛く、移動時も一人では歩けない場合があります。