先生

腰椎椎間板ヘルニアの治療方法|負担を減らすことが肝心

ヘルニアの解決法

病院

腰椎椎間板ヘルニアはMRIでの画像診断でないと難しい症状です。従来は手術やマッサージ、鍼などの治療やリハビリが主な治療法でしたが、近年、レーザー照射での治療法のPLDDが注目されています。手術と比較して患者負担が軽いことから、近年急速に注目されています。

Read More

腰痛の主原因となる病気

レディー

腰椎椎間板ヘルニアは脊椎のうちの腰椎部分にある椎間板という組織が故障を起こす病気です。いわゆる坐骨神経痛の原因の1つとしてよく知られています。治療は保存療法がメインとなりますが、必要に応じて外科手術が行われることもあります。

Read More

負担の少ない方法で治す

痛がる女性

近年増える病

現代の社会人たちの間で成人病と呼ばれる病に次いで増えているのが腰椎椎間板ヘルニアと言う病気です。初期には腰痛を主とする症状が現れます。椎間板とは、24個ある腰椎の間にあるクッションの役割を果たす部分です。椎間板が機能することにより、背骨への負担を軽減することが可能になっているのです。腰椎椎間板ヘルニアは椎間板が何かの拍子に突出してしまうことで腰痛を始め、下肢の痺れなど様々な症状を引き起こし、症状の程度が重いほど、生活動作等に悪影響を及ぼすことに繋がります。元々、腰椎持ちの人や、腰に負担のかかる姿勢で長時間仕事をしている方などは何かの拍子に腰椎椎間板ヘルニアを発症する確率もやや高くなる為、日常生活において適度な運動をするなどし、腰への負担軽減に努めることが大切です。

症状に合わせた対処

腰椎椎間板ヘルニアも症状の程度は様々です。その為、症状によってその治療法も変わってきます。まず、どの場合にも発症してすぐの急性期には安静が最初の治療となります。その後は人それぞれに症状の現れ方が違うので、症状に合わせた治療法が選択されます。明らかに下肢に重度の麻痺があるなどの場合は早急に手術療法が選択される場合もありますが、軽い痺れなど比較的症状が緩やかな場合は、痛み止めなどを服用するなどしながら、経過観察をしていくケースもあります。そして急性期を過ぎたら、牽引など外から力を加えたり、適度な運動等を勧められる場合もあります。昔は手術しか根治法がないとされていましたが、近年では様々な角度から診療し、出来るだけ体に負担のかからない治療法が選択される傾向にあります。

ヘルニアとの付き合い方

腰を押さえる男性

椎間板の劣化を防ぎ気を付けると良いのは、靴選びのポイントとウォーキングと体を適度に動かす事です。腰椎椎間板ヘルニアの痛みの特徴は足のしびれや突き刺すような痛みですが、有効な治療方法があるので安心です。

Read More